横浜にある旗・トロフィー・バッジの製作ショップ

HOME | 旗の染め方

~ 染め方について 〜

【本染め】
   反応染料で生地の糸から染まる技法です。社旗や団体旗、のれんなどの一点物を製作する際に使われる染め方となります。
   洗濯は可能です。(漂白剤は不可)
  (デメリット)紫外線に弱く、色あせする場合があります。

【顔料プリント】
   生地を染めるというよりは表面に接着させる染め方となります。
   社旗や日の丸・安全旗といった色数が少ない枚数物などに使われる染め方です。
  (デメリット)生地表面にインクが付着している為、擦れに弱く印刷面は少しごわついた感じとなります。
   洗濯はお進め致しません。

【シルクプリント】
   1色につき1枚の版を作製する染め方となります。(2色ですと2版となります)
   インクの種類が多く指定色の再現性が高く、フルカラーも可能です。
   洗濯も可能ですが擦れに弱いのでやさしく手洗い程度。
  (デメリット)1色ごとに版が必要となる為、少ない製作枚数にはコスト面で不向きとなります。
  (色数にもよりますが200枚位~)
    写真などのフルカラー(4色分解)は近くで見ると若干粗い感じとなります。

 【ダイレクトプリント】インクジェット
   パソコンで作製したデータをインクジェットプリンターにて生地に直接印刷する染め方です。
   1色~フルカラーまで金額は変わらず1枚からでも製作可能です。
   写真などのフルカラーも高解像度(データ必要)でプリントが可能です。
  (デメリット)シルクプリントに比べると、鮮やかな色など出にくい色があり、色の再現性が劣ります。
   また、インクの裏抜けもシルクが90%とした場合、インクジェットは色にもよりますが60~80%位となります。
   洗濯はやさしく水洗い程度。

【昇華転写プリント】インクジェット
   ダイレクトプリント同様インクジェットプリンターにて印刷します。
   生地直接でなく転写紙にプリントし、熱ローラーで生地と合わせプリントする染め方です。
   旗などは両面印刷が可能で、裏面は通常と同じく鏡文字となります。
  (遮光生地など表裏別柄も可能です。)洗濯も可能です。(漂白剤は不可)
  (デメリット)ダイレクト同様、鮮やかな色など出にくい色があります。

 カテゴリー 

▼旗 関 係

  のぼり
  横断幕・懸垂幕
  国旗・外国旗・卓上旗

▼トロフィー関係
  既製商品
  セミオーダー商品

▼バッジ(徽章)関係
  徽章(バッジ)
  ピンバッジ(イベント用など)

▼その他
  Tシャツ関係
  名札ほか
  名入れ製品